最新情報

✿第47回顕彰歌会作品募集!顕彰歌会よりご応募ください

最新情報

今月の短歌 5月

ふみ 行かむいばらの道とかなしみしをみなを今にしのびけるかな 斎藤茂吉『白桃』  今回は信綱の歌ではなく、信綱が茂吉に詠ませた歌である。茂吉の題詞には「『静』賛 …

最新情報

今月の短歌 4月

新墾(にひばり)の歌の廣野のわか草の花さく春になりにけらずや 佐佐木信綱『佐佐木信綱 作歌八十二年』    明治42年、信綱37歳の4月に開催された竹 …

最新情報

今月の短歌 3月 

今の世の美しきものアルミナの回転機の雪と清女は書かむ 佐佐木信綱『佐佐木信綱 作歌八十二年』    『作歌八十二年』の昭和18年3月の条に、「蒲原及び …

最新情報

今月の短歌 2月

四十年(よそとせ)をあゆみは来(こ)しかとこしへにつららく道の数歩(すうほ)に過ぎず 佐佐木信綱 『瀬の音』   昭和12年、信綱66歳の2月の詠で、 …

最新情報

今月の短歌 1月

うつる世に移らざるものナビイの歌ふしおもしろううたふを聞けば                                 佐佐木信綱 『秋の声』   『作歌 …

最新情報

今月の短歌 12月

ゆるぎけむ白嶺(しらね)おろしにいざいざと吹き立てられて君も来つらむ  橘曙覧 『志濃夫廼舎(しのぶのや)歌集』   今回は、橘曙覧(たちばなのあけみ …

最新情報

今月の短歌 11月

わが歌をあつめしふみの奥がきは君が書ゝんといひけん物を 佐佐木信綱 (『逍遥遺稿集』より)   「君」とは、慶応3年伊予の国の生まれで、信綱より5歳年 …

最新情報

今月の短歌 10月

月の色と水の光と倶に皓皓(しろ)し巌頭半夜一人の僧 佐佐木信綱『山と水と』   漢文訓読調のちょっと硬い感じのする歌であるが、信綱の歌の中ではよく知ら …

最新情報

佐佐木信綱顕彰歌会の短歌募集を終了しました

第46回佐佐木信綱顕彰歌会の短歌応募は、終了しました。 一般の部305名、小学校の部1,988名、中学校の部3,397名、 高校の部6,844名、合計12,53 …