カテゴリー 未分類
最新情報

優秀作品展開催のお知らせ

佐佐木信綱顕彰歌会 優秀作品展 ならびに顕彰会ボランティア活動の紹介  第47回佐佐木信綱顕彰歌会が平成30年12月1日(土)開催されました。 一万首以上の短歌 …

最新情報

今月の短歌 3月

身を守る心起こりし其日より此かなしびは我に来たりし  片山廣子『翡翠(かわせみ)』  3月19日は片山廣子の命日である。廣子は、明治11年、東京麻布に外交官の父 …

最新情報

今月の短歌 2月

心よりやがて心に伝ふればさく花となり鳴く鳥となる 釈宗演『楞伽窟(りょうがくつ)歌集』    釈宗演は、明治から大正にかけて活躍した臨済宗の傑僧である …

最新情報

今月の短歌 1月

道とへばふるさと人はねもころなり光太夫の碑に案内(あない)せむといふ 佐佐木信綱『鶯』    『佐佐木信綱 作歌八十二年』によれば、信綱は昭和3年、5 …

最新情報

佐佐木信綱顕彰歌会の短歌応募を終了しました

第47回佐佐木信綱顕彰歌会の短歌応募は終了しました。 一般の部325名、小学校の部2,214名、中学校の部2,882名、高校の部6,862名 合計12,283名 …

最新情報

今月の短歌 12月

 神戸にゆく途上の甲斐川に、今は木田橋かかりをれど、はやくは橋なかりき 生家(さと)へゆくと弱かりし母が我をせおひ徒渉(かちわたり)せしか此の甲斐川を      …

最新情報

今月の短歌  11月

もやしろし老杉がもと吾が憶良狭野のをとめと語りつつや来る              佐佐木信綱『佐佐木信綱 作歌八十二年』   この歌は、信綱の自伝『 …

最新情報

今月の短歌 10月

ゆく秋の大和の国の薬師寺の塔の上なる一ひらの雲 ゆく秋の雲は浮かびぬ陵(みささき)の山の木立をめぐれる池に 秋寒き薬師寺の道うすき日はついぢの上の雑草にさす   …

最新情報

今月の短歌 9月

思ひは思ひを生み歎きは歎きを積み、ふか夜こほろぎ 佐佐木信綱『山と水と』   7月、8月と、信綱と門人、下村海南の終戦間際の歌を紹介したが、今回は終戦後間もない …

最新情報

今月の短歌 8月

赤くこげし焦土の中ゆところところはつはつに芽ぐむ青葉の光 下村海南『終戦秘史』  前回、信綱と門人下村海南の俊成忠度に擬した「西山歌の別」にまつわる歌を取り上げ …