カテゴリー 未分類
最新情報

今月の短歌 8月

赤くこげし焦土の中ゆところところはつはつに芽ぐむ青葉の光 下村海南『終戦秘史』  前回、信綱と門人下村海南の俊成忠度に擬した「西山歌の別」にまつわる歌を取り上げ …

最新情報

今月の短歌 7月

筆とりゐし歌稿をおきて物がたり又もみ國の運命(さだめ)にうつる 友黙し我ももだして丘の上の三もと老樟の夕ばへ仰ぐ 坂路下る友の姿を見まもりぬ又逢はむ日はいつの日 …

最新情報

今月の短歌 6月

ほほゑめばはつかに見ゆる片ゑくぼトマトが赤き白がねの皿 佐佐木信綱『新月』   『新月』は、大正元年、信綱が41歳のときに刊行した歌集である。珍しいト …

最新情報

✿第47回顕彰歌会作品募集!顕彰歌会よりご応募ください

詳しくは上記メニュー《顕彰歌会》のページをご覧下さい  

最新情報

今月の短歌 4月

新墾(にひばり)の歌の廣野のわか草の花さく春になりにけらずや 佐佐木信綱『佐佐木信綱 作歌八十二年』    明治42年、信綱37歳の4月に開催された竹 …

最新情報

今月の短歌 3月 

今の世の美しきものアルミナの回転機の雪と清女は書かむ 佐佐木信綱『佐佐木信綱 作歌八十二年』    『作歌八十二年』の昭和18年3月の条に、「蒲原及び …

最新情報

今月の短歌 2月

四十年(よそとせ)をあゆみは来(こ)しかとこしへにつららく道の数歩(すうほ)に過ぎず 佐佐木信綱 『瀬の音』   昭和12年、信綱66歳の2月の詠で、 …

最新情報

今月の短歌 12月

ゆるぎけむ白嶺(しらね)おろしにいざいざと吹き立てられて君も来つらむ  橘曙覧 『志濃夫廼舎(しのぶのや)歌集』   今回は、橘曙覧(たちばなのあけみ …

最新情報

今月の短歌 10月

月の色と水の光と倶に皓皓(しろ)し巌頭半夜一人の僧 佐佐木信綱『山と水と』   漢文訓読調のちょっと硬い感じのする歌であるが、信綱の歌の中ではよく知ら …

最新情報

今月の短歌

新しき家ゐに我を見出だしし移転(わたまし)の夜の清き月かな 佐佐木信綱『常盤木』   明治45年の7月に、信綱は神田小川町の家が手狭になって、本郷西片 …